薬膳のポイント

薬膳の基本は、まず食材それぞれの働きを把握し、季節、体調を考えて、組み合わせを工夫することからはじまります。

難しいことではなく薬膳の基本は昔からの料理の知恵に自然に利用されている知識です。

例えば、お刺身に山葵や菊の花を添えることは山葵や菊の花の殺菌、解毒作用を利用して生物による食中毒などを防止するはたらきがあります。
冬にはお餅をよく食べることで体を温め、体力をつけて寒さによる病気を予防しています。


家庭薬膳のポイント


身近な素材の季節感、組み合わせ、色を大切に...季節の野菜を使用することは自然と季節薬膳に近づく場合が多く、色々な色を組み合わせると陰陽、のバランスもとれやすくなります。

調味料も大切です! できるだけ天然塩、天然醸造酢、自家製のだし、スープなどを使用して、香味野菜(生姜、にんにく、葱)を常備し適量(使いすぎると身体を温め過ぎたりという偏りが生じます)を用いると、味も美味しく素材の特性も生かされます。
味も同じような味付けでだけでなく、色々な味付けでお料理を楽しむと自然と陰陽のバランスもとれていきます。
適度な香味野菜、香辛料、ハーブなどを使用すると、薄味でも美味しく感じます。

冷たい飲み物はできるだけ量を減らしましょう...夏でもできるだけ温かい飲み物を選ばれたほうが昨今増えている夏の冷え性なども予防できます。せめて常温の飲み物をとることをおすすめします。
果物も、冷やしすぎると味も落ちますので適度に冷やしたものの方が身体にも優しく、美味しく召し上がれます。

身体が欲する物、欲する量を...日頃からバランスのとれた食事をしていると、自然と身体の声に従うとその時不足しているものを補えるようになります。
只、長期間不規則な食事を続けている方、好き嫌いの激しい方、常に暴飲暴食やダイエットの傾向がある方などの場合には難しくなりますので意識して調節されることをおすすめします。


次から具体的な家庭薬膳のポイントを具体的にご紹介します。

次⇒家庭薬膳のポイント①旬の料理をいただく

薬膳初心者におすすめの講座

身近な食材を中心にしたレシピで、日々の食生活に気軽に取り入れられる薬膳。
家族の健康維持に、また美容やダイエットにも今すぐ役立ちます!

家庭で手軽に実践できる「和漢膳」を、楽しみながらマスターできるがくぶんの薬膳マイスター養成講座が初心者におすすめです。

詳しい案内資料は読むだけでも役に立ちます! まずは無料で資料をもらえるので薬膳の世界をのぞいてみてくださいね!

薬膳マイスター 薬膳マイスター
(見るだけでも勉強になる、薬膳料理の基礎が詰まった案内書ですよ!【無料進呈】)


関連記事

  1. 家庭薬膳のポイント ④気・血・水
  2. 家庭薬膳のポイント ③五味・五行
  3. 家庭薬膳のポイント ②陰陽
  4. 家庭薬膳のポイント ①旬の料理をいただく
  5. 薬膳の目的
  6. 薬膳の由来
  7. 薬膳とは